健康美は体の中から作られるために、食事を見直した腸活を意識しよう。

HOME>オススメ情報>食べることができるダイエットのためにも腸を活発に動かす

便秘を解消するための食費

食事する女性

食べても排便ができれば、お腹まわりもスッキリし、健康・美容に適したダイエットに結びつきます。腸活ダイエットは、お腹の調子を整える健康食を意識するだけです。便秘の時の食事、食費をかけたくないのならば、水分をたっぷり摂るだけでも効果的です。冷たい水、牛乳ならば100円前後、胃腸を刺激して排便を促しますし、続けやすさが評価されています。健康食品を上手く活用することも可能、噛みごたえのある玄米や雑穀を食事に加えてみましょう。コンビニなどでも、おにぎりやお粥として手に入り、噛みごたえがある分、満腹感も同時に得られるため、ダイエット食としても評価されています。味や香りは白米より香ばしく、白米と混ぜて炊くことで食費も抑えられます。自炊ならなおよし、和定食は腸活の味方といわれ、定食屋での相場は500円程度、自炊ならばその半分で腸トラブルを改善できます。

3食食べることを意識

ご飯

腸活では、腸の働きをよくする食事に意識を向け、健康食品を使った痩身に取り組む人が少なくありません。しかし、排便力がつく食べ方もポイントです。食べた物が排出されなければ、水分だけが蒸発し、老廃物となる食べ物だけが残り、便秘になります。ルールとして1日3食きちんと食べますが、就寝の3時間前までに食べることを心がけます。水分もしっかり摂りますが、調理する際にも言えることは、常温や温かくしてから体に摂り入れるということです。

ムリをせずに摂取できるモノから

食事

初心者の場合、腸活を意識し過ぎるあまり、食物繊維に偏りが生じているようです。1日20g以上の食物繊維を摂取しますが、不溶性と水溶性の比率は2対1を意識しましょう。排便力をつけるにも、食物性乳酸菌を意識的に摂りますが、多忙であるなら飲むヨーグルト1本でも可、通常は発酵食を摂り入れましょう。ダイエットなどで過度に食事量を減らしてしまったり、サプリメントに頼ることもあるでしょう。しかし、便の量も減るため便秘になれば元も子もありませんから、しっかり食べましょう。

広告募集中